「サブカル女子と上手に会話する方法」では、相手の女性の話をよく聞くべきだと言いました。サブカル女子に限らず、女の子の話をちゃんと聞くのは大事なことです。よく言われますが、「聞き上手はモテる」というのは本当です。さて、「話をちゃんと聞け」とは言うものの、サブカルこじらせ男子の多くはコミュ力が非常に低く、「聞き上手とは何ぞや?」ということがイマイチよくわかってなかったりします。相手の話をただ聞くだけなら「上手」とは言いませんからね。ということで、今回はサブカルこじらせ男子の特性を踏まえて、「聞き上手になるためのコツ」について書きたい思います。

■話を遮らない

これは、ごくごく当たり前のことなんですが、サブカルこじらせ男子はこの基本がなかなかできません。「サブカル女子と上手に会話する方法」でも書きましたが、どうしても「己の知識自慢」がしたくなるのがサブカル者の性(さが)です。女の子と話している時、彼女が間違った情報を提示すると、つい訂正したくなりますし、自分の方が詳しいテーマであれば、彼女が話している途中でも自分が話したくなるものです。でも、ここで決して相手の話を遮ってはいけません。彼女が話したいことを全て話し終えるまで、じっと我慢して傾聴しましょう。で、彼女がひと渉り話した後も、訂正や補足は最低限に留めましょう。本当のところ、お互いの身に実害がないような誤りだったら、わざわざ訂正する必要ないです。女の子が気持ち良く話した後に、その内容にケチをつけても彼女の心証が良くなることはありませんから。あなたからしてみれば、間違いを正してあげることは相手に実益があることだと思うかもしれませんが、彼女からすれば「余計なお世話」となることがほとんどです。


■相槌と復唱

聞き上手になるには、相槌は基本かつ必須です。でも、相槌だけ打ってたら良いのかと言えば、もちろん違います。相槌だけ打ってると、それは「いいとも!」ごっこにしかなりません。相手の女の子は、自分の話があなたにきちんと伝わっているか不安になることでしょう。相槌を打ちながら、時折話してることを復唱しましょう。別に要約して返さなくて良いです。一言一句、同じ言葉で、まさにオウム返しで良いです。その方が、変に要約するより、ちゃんと話を聞いているアピールに繋がります。ちなみに相槌だけだと相手を不安にさせますが、全部復唱してたら相手にウザがられます。相槌と復唱を適度にブレンドして、相手が話しやすい雰囲気とテンポを作りましょう。これが上手くなると、女の子は本当に楽しそうに会話してくれるようになります。


■否定表現をしない

これも、サブカルこじらせ男子が会話中によくやる失敗ですね。自分は大丈夫と思ってる人でも、「だって」「でも」「だから」「さっきも言ったけど」「要するに」「で?」などを口癖のように使ってませんか?「〜ない」という否定語だけが否定表現じゃないです。同じ言葉であっても、挟むタイミングやイントネーションによっては、相手の気分を害することとなります。サブカルこじらせ野郎は自分のこととなると、被害妄想かってくらい繊細になるのに、他人の気持ちに対しては鈍感すぎます。女の子の発言を受けて自分が発現する際には、直前の相手の発言に対して否定のニュアンスが出る表現から始めないように注意しましょう。


■共感する

聞き上手になるには、話をちゃんと聞いているアピールと併せて、「僕もあなたの気持ちがわかりますよ」という共感力も必要です。どれだけ真剣に聞いていて、それが相手にも伝わっていたとしても、「この人は私の気持ちを理解してくれない」と思われていては、聞き上手とは言えません。単なる愚痴で、聞いてくれるだけでもスッキリするという場合は、共感力の出番はあまりないかもしれません。でも、この人ならわかってくれると思ってもらっていた方が、確実に色々な話を聞かせてくれるようになりますし、心の距離は縮まりやすいです。共感していることをアピールするには「わかるよ」「俺も同じだよ」と同調するだけでなく、できれば相手と同じ(もしくは類似の)経験をしていることを具体的に伝えるのがベストです。自分の体験について、多少の脚色が入っても良いと思います。ただ、ここで絶対間違ってはいけないのは、相手の「悲しい」とか「腹が立つ」とかの負の感情に対して、「俺も同じ思いをして(我慢して)いるのだから、お前も我慢しろ」という説教モードになるということです。これは絶対やってはいけません。これをやった途端、女の子の心は脱兎のごとく離れていきます。先ほど書きましたが、女の子の発言を否定するような会話の流れを作るのはNGです。


以上、「聞き上手になるためのコツ」を簡単ではありますが、まとめてみました。サブカルこじらせ男子というのは、自意識過剰が服を着て歩いてる人種なので、他人を慮る能力が著しく欠如してるというか、自分のことで手一杯で、そこまでの余裕がなかったりします。でも、今回書いたことと「サブカル女子と上手に会話する方法」を参考に、女の子が話しやすい男を目指してもらえたら幸いです。


「この記事おもしろい!」という場合にはランキングをクリックしていただけると本当に嬉しいです↓
人気ブログランキングへ